考えるAIと考える人々

投稿者:

人工知能(AI)開発の進歩によって、産業や農業、建設などにおけるロボットの自動化が試みられています。そのような人工知能の開発が進む中で、AIの存在に対して警笛を鳴らす専門家たちもいるようです。人工知能の優秀さの土台となっている深層学習(ディープラーニング)が、人間の知能をはるかに超えてしまう事に懸念を抱く人々がいるようなのです。未来の都市生活の中では、AIは人間の生活を優しくサポートし、快適な暮らしを提供しいてくれる存在であるようにイメージしている人も多いかもしれませんが、その優秀さが人間の存在に危機感をもたらすのではないかという専門家たちが発言しているようです。AIのディープラーニングは、人間と同じように成功を導きだす為に、数多くの経験や失敗を乗り越えますが、その過程において人間が手動的にプログラミングしていないような答えを自立した判断の中でAIが導き出すように、AIの学習能力は自動化されながら発展を遂げているようなのです。